読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標は商店街をつくる事なんです。

あきらめてるわけじゃないんです。今やっていることが、必ず力になると思うんです。

スティーブ・ジョブズも取り入れていた、発想力をアップさせる方法。

こんにちは。いたかなやです。

今日も来て頂いてありがとうございます。


仕事をするにしても、ブログを書くにしても、発想力は、とても重要です。
みなさんも良いアイデアが思い浮かばずに、イライラしたという経験をお持ちではないでしょうか。


今日は、あのスティーブ・ジョブズも取り入れていた、
発想力をアップさせる方法を紹介します。

f:id:itakanaya9:20140105104748p:plain
スティーブ・ジョブズ - Wikipedia

むつかしい事ではありません。歩く事です。
スティーブ・ジョブズは、散歩ミーティングというものを取り入れていたそうです。


歩く事によって、体中の血液の循環が促されます。
これにより、脳の血流量がアップし、
発想力を高める前頭前野が活性化されるという仕組みです。
さらに、リラックスして歩く事ができれば、なお良いらしいです。


しかし、この現代社会にリラックスして歩ける場所が本当にあるでしょうか。

Appleのように、緑に囲まれた散歩スペースがあれば別ですが、
なかなかそんな会社はありません。


そこで、
狭い社内でもできる発想力をアップさせる方法
を考えてみました。

要は、リラックスして血流量を上げれば良いわけです。



① ツボ押し
少衝(しょうしょう)という最適なツボがあります。
f:id:itakanaya9:20140105120033p:plain
左手の小指の爪の付け根です。
リラックス効果で頭の働きが良くなります。


② トイレで気張る。
リラックスできるトイレの中ではアイデアが思い浮かびやすいという話は有名です。
しかし、リラックスするだけでは、弱いのです。
気張る事によって血流量を上げて下さい。
新しいアイデアが、う◯こと一緒にポンっと出てくる事でしょう。


③ 腹筋瞑想
椅子に浅く腰掛け、背もたれにもたれて下さい。
足を上げると腹筋に力が入ります。
足を伸ばすとしんどいので、曲げていて構いません。
その状態で目を閉じて瞑想を始めて下さい。
腹筋を鍛えているわけではないので、瞑想に集中してください。
足を上げている事を忘れられるくらいに集中できれば良い感じです。
発想力が向上し、お腹も引っ込み、一石二鳥です。



■ 最強の方法
今のところ、
『トイレで小指のツボを押しながら足を上げて気張る』というのが
僕にとっての最強の方法です。

しかし、これはほんの一例であって、まだまだ沢山の方法があると思います。

方法を知るよりもメカニズムを知る事の方が重要です。
メカニズムを知る事によって、自分に合った方法を見つけ出して下さい。



僕も、散歩ミーティングができるような会社で働きたい!!