読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標は商店街をつくる事なんです。

あきらめてるわけじゃないんです。今やっていることが、必ず力になると思うんです。

月間最優秀いたかなや -March 2014-

その他 English 月間いたかなや

こんばんわ。いたかなやです。

今日も来て頂いてありがとうございます。


f:id:itakanaya9:20140331102531j:plain



月末の今日は、月間最優秀いたかなやのはずなんですが、今月はここまで5記事しかありません。

理由はあるんです。あまり言いたくなかったんですが、今月は仕事が忙しかったんです。
少し離れると、書く気も薄れて行くものですね。
僕はブログが好きですが、書いている時間を他の事にまわすと、もっといろいろな事ができるなー。とも思っています。


たとえば英語の勉強とか。

システム英単語 Premium(語源編)

システム英単語 Premium(語源編)

この本面白いですよ。
本というか単語帳なんですけど、単語の構成を説明してくれているので覚えやすいと思います。

たとえば、「except」という単語は「〜を除いて」と言う意味ですが、
これは、「ex」+「cept」で構成されています。
「ex」には色々な意味があります。
基本的には、「外」という意味なんですが、
容器から外に出せば中身がわかるという事で「わかる」
出た中身は液体であればひろがるので「ひろがる」
全て出ればなくなるので「なくなる」
というように沢山の意味を持ちます。

さらに「cept」は、「取る」という意味がありますので、
「ex」+「cept」は、
「外」+「取る」や、「なくなる」+「取る」のような意味で、「〜を除いて」という意味になっています。

このように、単語の接頭辞が持つ意味を知る事はとてもおもしろいなと感じました。

良かったらみなさんもどうぞ。




はい。ここまで完全に月間最優秀いたかなやの趣旨から外れています。
5記事しかないけど、やっぱり振り返らないとダメですよね・・・

今月の最初に書いた言い訳についての記事覚えていますか?
これのブックマークに「今度おもしろい言い訳を紹介します」みたいな事を書いてしまったので、それの紹介をして今月の最優秀いたかなやは終わりたいと思います。

言い訳のメカニズム 〜正直者は損をする?〜 - 目標は商店街をつくる事なんです。


面白い言い訳というか、この状況で、あなたならどんな言い訳をしますか?という話です。




僕の友人の話です。
正確に言うと友人の後輩の話らしいのですが、話がリアルすぎたのでおそらく友人本人の話だと思います。


東京に出張に行った時の話です。
夜に先輩と飲みに行った後に雑居ビルの2階にある風俗に行ったそうです。
事が終わって時間は深夜2時を過ぎていました。
友人が先に終わったので、下のコンビニで待っているという内容のメールを先輩に送ったところ、間違えて奥さんに送ってしまったそうです。
メールの内容は、「先に下で待っています。」という事だけだったそうですが、奥さんからの返信は無く、焦った友人は、その後すぐに先輩に送るつもりが間違って送信した。という内容のメールを再送信しました。

一見、不自然では内容に思いますが、その友人はとても遊び人で、家を出る前も奥さんから、風俗に行ったらアカンで!と言われていたみたいですし、確かに「下で待っている」という内容は、普通の居酒屋では送る場面が無いような内容です。
そんなに言い訳をしなくても良い気もしますが、奥さんに「あのメールは何やったん?」と突っ込まれた時の話は用意しておく必要がありそうです。



この状況、あなたならどうしますか??





友人の言い訳はこうでした。
前の日から先輩がおもしろがって、無意味にメールを送ってくる。
トイレに行く時もトイレ行ってくるわ。と口で言えば良い事もメールで送ってくる。
飲みに行った居酒屋は2階にあるって、エレベーターで上がるのではなく、店の外から階段で直接入れるような居酒屋(梅田の白馬車ビルの「とりひめ」みたいな感じ)で、この時の飲み代は先輩が出してくれたので、先輩が会計をしてくれている間に、先に下におりて待っているという事を先輩の真似をして送ったんだ。という内容です。






はい!アウトですね。とても不自然です。
まず、おもしろがって先輩がメールを送ってくるはずがありませんよね。
逆に気持ち悪いです。
友人曰く、先輩が気持ち悪いという風に話がそれれば、それはそれで良い。という想定だったみたいです。


結局おもしろく無い事に、出張から帰ってきても、その事は奥さんから言及されなかったみたいです。



僕も色々考えてみたのですが、確かに難しいケースではありますよね。
良い言い訳のポイントは、いかに自然で破綻の無いストーリーを作りあげるかだと思いますが、「下で待っています」という内容を送信するケースが、どう考えても思いつきません。


おそらくこれからも無いケースだとは思いますが、良い言い訳があればお願いします。





それでは、最後は変な終わり方になってしまいましたが、来月もよろしくお願いします。